うえはら歯科ブログ

自費の補綴物の中でゴールドが最も適合性が良いのはなぜ?

2018年4月6日 (金)

呉市の歯医者のうえはら歯科です。歯科医療では様々な材料を使って治療を行います。特に金属材料の種類は非常に多く、どのような材料を使って治療をするのか、どのような場所にどの材料を用いるのかというのは歯科医療において非常に大切な着眼点です。材料についてのしっかりとした知識をつけ、治療の選択肢を広げる時の助けとしてみましょう。

 

自費診療の補綴物では様々な材料を利用して治療を進めることができます。チタンやシルバーなどを主体しにした様々な合金が現在歯科医療で用いられ、合金の持つ様々な金属的な性質を利用して多くの入れ歯が利用されています。このような歯科材料の中でも特に人体に対して適合性がよく、相性が良いのがゴールドです。ゴールドというのは本来非常に柔らかく、実は長く補綴物として利用しているとやがて徐々に変形を起こしてしまうという性質があります。このため、金に他の金属を混ぜることで丈夫さを付与した合金が多くの歯科医院で用いられているのです。金は体内の組織液や血液にイオンとして溶ける事があまりないので、金属アレルギーなどのトラブルを引き起こす可能性が非常に少ないと言われています。このため、ゴールドの合金を用いた治療は人体に非常に適合性が良く、長く使える歯科材料と言われているのです。

 

呉市の皆さんの中にはお口の中でゴールドがあると目立ってしまうと考えるかもしれませんが、実は金の色調は口腔内においてもあまり違和感を感じない色調と言われています。長らく使える材料として利用できるので、ゴールドによる治療を検討されている方は是非一度当院へお越しください。

カテゴリー:

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
木土 9:00〜13:00
【休診日】 日曜・祝日