小児歯科

当院ではキッズルームや治療後のご褒美としてプレゼントをお渡ししています。これが楽しみで来院されているお子様もたくさんいらっしゃいます!歯医者さんは「怖くないところ」。このように思わせるのがプロである私たちの仕事です。

うえはら歯科医院の子供の治療に対する考え方

小さい頃の怖い経験は、大人になってからもトラウマとして残ってしまいます。歯医者での経験が、トラウマの1つになっている方も多いのではないでしょうか。
当院のお子様に対する治療コンセプトは、無理をせず、徐々に慣れてもらう。そして最後には『楽しい場所』と思ってもらうことです。そのために、当院が取り組んでいることをご紹介いたします。

まずは歯医者の雰囲気に慣れてもらいます

お子さんが初めて来院される時は、緊急時以外はすぐに治療をしません。じっくりお子さんとお話し、「診療台に座る」「器具を触ってもらう」練習から始めます。とにかく歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう、そして私たちと仲良くなることから始めます。

幼いころを思い出して欲しいのですが、歯医者さんに楽しみながら通った方はほとんどいないのではないでしょうか?会話もほとんどせず、マスクで顔を隠した大人にいきなり痛いことをされたら、どんな人でも「歯医者さん=恐いところ」というイメージが植え付けられてしまいます。ましてやお子さんは想像力が豊かなのでなおさらです。

幼い頃はご両親がいるので、しぶしぶお子さんも来院してくれますが、親御さんの手を離れてしまったら、歯科医院に行くかどうかは本人次第です。歯医者にマイナスのイメージをもったままでは、耐えられない程の痛みを伴って初めて足を運ぶようになってしまいます。それではいけません。

お子さんが歯医者嫌いになるならないは、ある意味、歯医者の腕の見せ所とも言えます。これまでの経験上、しっかりコミュニケーションをとり、お子様のペースで対応することで多くのお子様は心を開き、治療に協力してくれます。ぜひ大切なお子さん私達にお任せください!!

可能な限りの無痛治療

痛いのが嫌なのは大人も子供も同じですよね。特にお子様の場合、この「痛み」が歯医者嫌いになる主な原因となりますので、当院では次のステップを踏んで、可能な限りの無痛治療を実施しています。

表面麻酔

事前に、表面麻酔で麻酔を行います。これにより注射時の痛みを無くします。

極細の針で麻酔注射

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

麻酔液を温めます

麻酔液と体内との「温度差」も痛みの原因となります。そこで麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との温度差をなくすことで、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

電動麻酔注射の利用

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因となりますので注入スピードを可能な限りゆっくり行います。手動ではやはり正確さに欠けますので、当院では無痛医療器具で定評のある「ニプロ」のコンピューター制御「電動麻酔注射」を利用し、注入スピードを正確にコントロールし、痛みが生じないよう細心の注意を払っています。

また、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として、歯を削る時の音・振動があります。当院ではこの音・振動に対しても配慮をしています。具体的には「5倍速コントラ」とう機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音・振動が格段に小さくなります。

キッズスペースやおもちゃ、ご褒美をご用意

当院には「キッズスペース」で遊んだり、治療後のご褒美をお渡ししています。

私達とのコミュニケーションも大切ですが、お子様にはこのようなイベント的要素があると、大変喜んで頂けます。

咬合誘導や歯並びに関する提案

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることが可能となります。これを咬合誘導と言います。 咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、場合によっては大人の歯の矯正治療が必要なくなることもあります。

咬合誘導 歯並びが悪くなる可能性がある場合、
悪くなる前に対策を行う事です。
矯正治療 既に悪くなった歯並びを整えることです。

次に咬合誘導の代表格である「床矯正」についてご紹介します。

低価格で非抜歯を実現する床矯正

歯並びが悪くなる原因のほとんどは顎が小さいことです。顎が小さいと全ての歯がきちんと生えるスペースがないので、歯並びが悪くなったり、八重歯になったりします。普通の矯正治療ではこの原因に対するアプローチがなされず、抜歯などの処理で対応してきました。つまり対処療法が行われてきたわけです。

それに対して、床矯正はそもそもの歯並び悪化の原因である顎の大きさを改善する装置になりますので、これまでのアプローチと異なる原因療法になります。そのため、抜歯の可能性が限りなく低くなりました。尚、床矯正には次のようなメリット・デメリットが存在します。治療するしないにかかわらず、まずは当院までご相談ください。最適な時期をご提案させて頂きます。

床矯正のメリット
  • 歯を抜かずに矯正できる
  • 必要なときに矯正装置を取り外すことができる
  • 歯並びだけでなく、本来の「可愛らしい顔」に成長できる
  • 従来の矯正に比べ、低価格で治療できる
床矯正のデメリット
  • 治療対象が原則、小学生に限られること
  • 一方向の動きしか出来ないため、微妙な歯の移動には不向き
  • 毎日14時間前後、矯正装置を装着する必要があるので
    お子様の協力が必要
親御さんも一緒に学んでいきます

「親御さんも一緒に」には、2つの意味が込められています。1つは、「お子様が治療に慣れるまでは同席頂いても大丈夫」ということ。お子さんを抱っこした状態での治療も可能です。そしてもう1つは親御さんも一緒に学んで下さいということです。よくこのような質問を受けることがあります。「大人の歯が生えてくるから、子供の歯は虫歯になっても大丈夫ですよね?」これは大きな間違いです。乳歯には非常に大きな2つの役割が与えられています。

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。生え換わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

乳歯の2つ目の役割は永久歯が生えてくるスペースを確保することです。虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。 これ以外にもまだまだお子様の歯に対する間違った認識が存在しますし、お子様の歯を守るための最適な手段をご存じない方が多くいらっしゃいます。お子さんが成長するまで、歯を守ることができるのは親御さんしかいません。当院で一緒に楽しく学んでいきましょう!!

歯の神経を可能な限り守るドックスベストセメント

当院では「ドックスベストセメント」と呼ばれる医療先進国のアメリカで開発された、従来の虫歯菌を削って治すという発想とは全く違う、可能な限り歯を削らないで薬で殺菌するという画期的な治療法を取り入れています。

この治療の良いところは、歯の神経まで感染した虫歯でもドックベストセメントを虫歯に塗布することにより、虫歯になっている部分を無菌化し、神経を残したまま詰め物を入れることが可能となり、さらに、歯、本来の再生力を取り戻させ修復します。又、この薬は抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから作られた安全で人体に優しい薬です。

ドックスベストセメントはすべての症例で使えるわけではありませんので、「他院で神経を除去しますと言われてしまった方」「どうしても歯の神経を残したい方」、まずは一度当院にご相談ください。

最後になりますが、虫歯にならないための口腔環境作りは、3歳までが勝負なのはご存知でしたか?虫歯は感染症の一種です。つまり、3歳までに感染する機会をお子様に与えなければ、その後、虫歯菌が入ってきたとしても簡単には感染しなくなるのです。これは世界的な統計でも実証されています。虫歯の全くない子供たちをたくさん育てるには、0歳からの歯科医院でのメンテナンス習慣が非常に大切になります。お子様を虫歯0で育てることはお子様への最高のプレゼントだと当院では考えています。

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

▲… 土曜日の午後診療は14:00〜16:00。