虫歯治療

可能な限り「無痛」に治療すること。可能な限り「削らない」治療をすること。可能な限り「神経をとらない」治療をすること。これが当院のモットーこれを達成させるための環境が整っております。

可能な限り痛くない治療

歯科医療が進歩し、麻酔や針を工夫することで、なるべく痛くならない治療に取り組んでおります。痛みを感じるのも患者様によって変わってきますので、患者様のペースに合わせた治療を実施していきます。

うえはら式治療の特徴
表面麻酔を適応

事前に、表面麻酔で麻酔を行います。これにより注射時の痛みを無くします。

極細の針を使用

針は小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
一番極細の針(33G)で痛みを抑える麻酔を行います。

体温と近い温度に麻酔液を温める

麻酔液と体内の温度差があると痛みを感じやすくなってしまいますので、温めて痛みを軽減させます。

電動麻酔注射の利用

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因となりますので注入スピードを可能な限りゆっくり行います。手動ではやはり正確さに欠けますので、当院では無痛医療器具で定評のある「ニプロ」のコンピューター制御「電動麻酔注射」を利用し、注入スピードを正確にコントロールし、痛みが生じないよう細心の注意を払っています。

また、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の音・振動」があります。当院ではこの「音・振動」に対しても配慮をしています。具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、「5倍速コントラ」は、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、機器の音・振動が格段に小さくなります。

可能な限り削らない治療

虫歯になった時の歯を削る回数には、限界があります。なるべく自分の歯を残すためにも、当院では歯をなるべく削らないよう努めております。

うえはら式治療の特徴
早期虫歯の発見

虫歯になったばかりの歯は、経験のあるドクターでの判別しにくいという特徴があります。そこで虫歯検出率90%以上の機会を使用して、虫歯を検知します。
治療後にも再チェックを行い、徹底的に虫歯の除去を行います。

視診(肉眼での目視)による診断は12%であり、10回に9回は健康な歯を虫歯と診断している ことがあります。レントゲンでは50%という課題を乗り越えて、当院では、DIAGNOdent Penを利用して、しっかりとした診断を行っております。

ダイアグノデントを用いた症例

奥歯の溝が黒く、虫歯のように見えます。ダイアグノデントによる診断では、歯を削る必要ないと診断されました。

虫歯を削る量は、科医師の裁量で決められていたことがほとんどでした。そのため、必要以上に歯を削ってしまうや、削る量を押さえてしまい、虫歯の取り残しが発生することが起こっておりました。下記の画像が、虫歯の取り残しにより、虫歯が再発した症例です。

視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

削る量を最小限にするためには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では高倍率の「拡大鏡」を利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較です。
拡大鏡であると、細部がみえるので、正確な治療が可能となります。

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきますが、感染部位を性格に除去することはできません。

う蝕検知液で赤くなった部分のみを削り、歯を削る量を最小限に抑えることができます。
さらにに当院では、スプーンエキスカベータ―という道具を使い、「手の感触」で虫歯の状態を確認しております。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。この部分はスピーディーに機械で除去することもできますが、健康な歯を削らないように、当院では最終工程に虫歯染めを行い、手で丹念に除去しております。

通常よりも時間はかかってしまいますが、患者様のために、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりです。

可能な限り神経を残す治療

当院では「ドックスベストセメント」という医療先進国のアメリカで開発された、「神経まで感染した虫歯菌を薬で殺菌する」治療を導入しております。

歯の神経まで感染した虫歯でもドックベストセメントを塗布することで、、虫歯になっている部分を無菌化し、できる限り神経を残したまま詰め物を入れることが可能となり、歯、本来の再生力を取り戻させ修復します。また、この薬は抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから作られた安全かつ人体に優しい薬です。

ドックスベストセメントはすべての症例で使えるわけではありません。
「他院で神経を除去しますと言われてしまった方」、「どうしても歯の神経を残したい方」、まずは一度当院にご相談ください。

再発を防ぐための取り組み

当院の目指す歯科治療は「10年後も20年後も健康でいられるお口を創造する」ことです。特に当院が重要視していることは、「過去・現在」どのような治療をしてきたのか、どのような生活習慣が原因で治療することになってしまったのかをしっかり探り、分析することです。

私たちは歯のプロです。過去と現在の状況が分かれば、今後、お口の状態がどのようになっていくかを見通すことができます。例えば、「このままいけば、次はこの歯がダメになってしまう」「この歯はあと○年で問題が出てくるだろう」などですね。

ある部分が悪くなってしまった原因は、その歯だけにあるのではなく、その他の歯が原因だったり、咬み合わせの不調和で悪くなってしまう事もあります。そのため、当院ではお口全体を包括的に診断し、全体的にバランスのとれた治療を行います。
このようなスタイルの診療を当院では行っているため、時には患者様が求めている治療以上のことをご提案することもあります。これは「10年後も20年後も健康でいられるお口を創造する」ためにはいずれ必要となる治療であるとご理解ください。

虫歯治療後の詰め物・被せ物

虫歯治療をした後の、詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

良く知られているのは、保険適用の「銀歯」です。
「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって自費治療の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

詳しくは審美歯科または料金表をご覧ください。

また、最近ではCAD/CAMシステムを利用したセレック治療をご選択して頂く患者様が増えてきました。これは保険外治療となるのですが(一部保険適用の部位もあります)、セラミックを活用した白い素材ですので見た目も良く、耐久性に優れるものです。

そして一番患者様に喜ばれるのが「その日のうちに白い歯がはいる(即日修復)」が可能であるという事です。ご興味のある方はこちらをご参照ください。

Cerec System オールセラミックの世界へ

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

メール相談

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土 9:00〜16:00
【休診日】 木・日・祝日 ※祝日のある木曜は診療

メール相談はこちら
WEB予約はこちら