うえはら歯科ブログ

親知らずが虫歯になったら

2019年1月18日 (金)

みなさんは親知らず(おやしらず)、何本生えていますか?

親知らずは15歳~20歳前後に一番奥に生えてくる歯です。

親の知らずうちに生えてくることから「親知らず」という名前がつきました。

 

4本全て生える人もいれば、一部だけなど個人差があります。


親知らずの抜歯

 

親知らずは本当に必要なのでしょうか?

「親知らずが痛い」や「親知らずを抜く手術をしてきた」という声はよく聞きますよね。

 

痛い思いをしたり、生えてきても抜歯しなければならないのであれば生えてこなくてもいいのでは?と思うかもしれませんが、生えてこないから放っておいても大丈夫というわけではありません。

 

親知らずが顔を出さないというのは、歯茎の中で変な方向に生えてきている可能性もあります。

その場合他の歯を圧迫している可能性ももちろんあります。

圧迫は他の歯の痛みや腫れを引き起こします。

その場合には歯を抜く事も選択肢の一つとしてありますので、かかりつけの歯医者さんで相談してみてください。

親知らずが完全に見えない場所まで埋まっている場合は、歯茎を切って取り出す手術が必要になることもあります。

その場合は、大学病院の口腔外科などで処置をしてもらうのが安心です。

 


親知らずのケアについて

 

一番虫歯になりやすいのが奥歯、

次に歯の裏側、

次いで歯の間となっています。

 

虫歯になりやすい奥歯のさらに奥に親知らずは生えてくるので、最も虫歯になりやすいと言っても過言ではありません。

 

他の歯に比べてまっすぐに生えていなかったり、一部だけ顔を出していたりと、歯磨きがなかなか行き届かない状況にあります。

 

親知らずが健全に顔を出しており機能しているならば、定期的に歯医者さんでクリーニングをしたり自宅でデンタルフロスや液体歯磨きなどを使うのがおすすめです。

それだけ、自宅での磨きにくい場所への歯磨きというのは、効果も薄れがちなのです。

 


 

もしも虫歯になってしまったら

 

頑張った努力もむなしく虫歯になってしまったらまずは歯医者さんへ行きましょう。

 

初期の虫歯であれば削る必要はなく、簡単な治療で治すことも可能です。

ですが、気づいた時には隣の歯や親知らずの神経にまで虫歯が進行してしまっている場合もあるので注意が必要です。

 

親知らずは虫歯になりやすい歯です。

一度虫歯になるとその後、何度もなる可能性があります。

親知らずだけで済めばいいのですが、進行して他の歯を巻き込んでしまった場合が一番厄介なので、初期の虫歯でも親知らずを抜く事を勧める歯医者さんがほとんどのようです。

 

健康なまっすぐ生えている親知らずをわざわざ抜く必要はありませんが、他の歯のためにも親知らずを抜く事は選択肢として考えてもいいかもしれません。

 

まずはしっかり歯を磨くこと

そして定期的な歯科検診が歯の健康を守ることに繋がります。

 

 

カテゴリー:

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土 9:00〜16:00
【休診日】 木・日・祝日 ※祝日のある木曜は診療

お問い合わせはこちら
WEB予約はこちら