矯正歯科

子ども成長力を利用し、可能な限り
非抜歯の「床矯正」を実施しています

4人掛けの椅子に5人が座るとどうなりますか?どうしても無理に座る必要があり、デコボコした座り方になると思います。歯並びも同じです。歯が生えてくる顎のスペースが狭いと、歯が重なりながら生えてくるしかなく(これを叢生と言います)、デコボコした歯並びになってします。こうならないためにはどうしたらいいのか?それは、歯が生えてくる顎のスペースを広げればいいのです。

そこで当院では「床矯正」という治療法を導入し、低年齢で従来の矯正治療ができないお子さんも、気になった時から矯正治療が始められ、極力、歯を抜かないで済む治療法をご提案しています。

では、床矯正とはどのような矯正なのかと気になりますよね。床矯正は、入れ歯のような取り外しができる装置をお口の中に入れ、ご家庭でネジを巻いて顎の大きさを徐々に拡大していきます。幼児でも簡単にとりはずしができ、快適に矯正治療ができます。この装置は、以下のような特徴があります。

床矯正のメリット
  • 小学校低学年が一番効果絶大です(5歳~10歳からがお勧めです)
  • 極力歯を抜かないで矯正が可能です。(歯を抜く必要もある場合があります)
  • 取り外しができるのでむし歯や歯周病、歯肉炎になりにくい。
  • ワイヤー(針金)を使った矯正治療よりは見た目が良いです。
  • 患者さんが一緒に「参加」する治療ですので治療内容が理解、把握できます。
床矯正のデメリット
  • 患者さんの協力が必要になるので「やる気」が大事です。
  • 12歳以上でも治療可能ですが、大人の歯は大きく、またあごの骨がお子さんと比べると硬いため時間がかかる場合が多いです。
  • すべてのお子さんが床矯正で治せるわけではありません。

下記の画像は、当院で床矯正をした治療前と治療後の画像となります。

できるだけ痛みの少ない「ネオ・キャップビムラー矯正」もおこなっています

当院では、「ネオキャップビムラー」矯正という夜寝るときだけつける矯正治療も行っています。夜寝るときだけ装着するため、昼間は目立たずに矯正を勧めることができます。お子様が歯並びが悪くなってしまう原因である「顎の幅」が狭いという状態を改善し自然な歯並びを取り戻します。できるだけ歯を抜かず、痛みを感じにくい治療ですのでお子様も安心です。

またお口の悪い癖を改善する効果もあるので、後戻りがしにくいというメリットもあります。お子様の時期は骨が柔らかいため歯の動きが早いため、身体への負担が少なくて済みます。お子様の健やかな成長のためにも、できるだけお早めに矯正をされることをお勧めしています。

矯正治療の流れ

相談無料(検査は別途費用を頂戴します)

まずはご両親やお子さんのご希望をお伺いすることから始めます。歯並びやお口の状態、治療に対する患者さんのご希望、どんなことが気になっていらっしゃるのか、詳しくお話をうかがいます。お口の中を見せていただいた後、歯並びの問題点や矯正治療の流れ、治療期間、治療費用などについて分かりやすくご説明いたします。

精密検査

あごの成長のバランスや位置、歯の状態を詳しく確認するためにデジタルレントゲン写真をお撮りします。歯型、顔やお口の写真、あごの動きも検査いたします。精密検査の結果をご報告し、治療方針・期間、メリット、デメリット、費用などを含め、考えられる矯正治療を幾つかご提案・ご説明いたします。
少しでも疑問点がございましたら、再度ご説明し納得いただいたうえで、治療を開始するかどうかのお返事をいただきます。もちろん、この段階で治療を受けないという選択をしていただいても全く構いません。

矯正治療

検査をふまえてお子様のお口にあった最適な矯正治療を行います。できるだけ痛みが少なく、歯を抜かないような方法で進めていきます。ネオキャップ・ビムラー矯正の場合は無理なくゆっくりと動かすので、治療期間は概ね4年ほどです。

定期検査

矯正治療期間は虫歯にならないように、定期的にクリーニングを行います。

メンテナンス

矯正した歯が後戻りしないように、装置をつけます。ネオキャップ・ビムラー矯正を行ったお子様が、より審美的な治療を望まれる場合は、ワイヤー矯正を行うこともあります。

お子様の早期受診をお勧めします

お子様の歯並びは短期間に大きく変化していきます。お子様の顎の成長に伴って歯並びも健全に成長すれば問題ありませんが、健康な成長が見込めない場合は、できるだけ早めに矯正治療を行いましょう。分からないことがあれば、お気軽に無料相談にお申し込みください。

イヤイヤよりも楽しく来院し、
治療していただきたい

矯正治療は虫歯治療などと異なり、一定の期間をかけて行う治療です。そのため、ドクターとお子様との信頼関係が非常に大切となります。お子様に信頼して頂くため、私達が意識していることは、とにかく誠意をもって関わることです。できる限りコミュニケーションを取り、できるだけ寄り添い、そして、嘘をつかない。当り前のことですが、これらを私たちは大切にしています。また、お子様に来院を楽しみにしていただくために次のような取り組みを行っております。

キッズルーム・治療後のご褒美

治療後のご褒美をお配りしており、お子様に歯医者は「楽しい場所!」と感じて頂けます!

子どものうちに
矯正治療をしておくことのメリット

大人と子供の矯正治療の手法は異なります。
大人は、アゴの骨格的成長と歯並びが既に完成している状態で治療をするため、アゴと歯並びの不調和の程度が大きすぎる場合は、歯並びの矯正治療だけでは対応できずに、顎(アゴ)の位置を改善する外科手術が必要になる場合があります。

しかし、子供の場合は、まだ「成長段階」にありますので、その成長を適切な方向に誘導させることで、何ら無理なく治療を進めることができ、かつ、一番理想とされる顎の骨格、そして歯並びを創造することが可能になります。

成長力を利用できるのは子供の時期だけ。そしてその成長力が、理想的な顎の形態、歯並び、顔貌の形成に関わってきます。」

これが、子供のうちに治療を開始する最大のメリットになります。その他、子供の時期に治療を開始することのメリットをご紹介します。

非抜歯矯正の可能性が高まります

子どもの矯正治療では、歯を抜かないことが大原則になります。なぜなら、子どものアゴの骨は柔らかいため、柔軟に広げることができ、歯を並べるスペースを確保することができるためです。その結果、仕上げの治療(Ⅱ期治療)が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

心理的コンプレックスから開放されます

多感な思春期に入ると、歯並びや口元のコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、歯並びが原因であだ名をつけられ、傷つくようになることも少なくありません。 そのようなお子さんの場合には、矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることで、健全な学校生活を送れるようになります。

顔貌をコントロールできます

皆様が思われているより、歯並びと顔の形の関係性は高く、歯並びを改善させることでいわゆる「かっこいい」「綺麗」な顔貌への誘導が可能になります。

虫歯や歯周炎の予防となります

生えたての永久歯は乳歯より大きいため、デコボコした歯並びになりがちです。つまり、歯磨き出しにくいお口の環境になります。そのまま放置しておくと、永久歯と言えども、当分の間は堅さが十分でないために虫歯になりやすくなります。そこで、歯並びを改善し、歯磨きがしやすい環境を作ることで虫歯や歯肉炎の予防になります。

日々の習慣が歯並びを悪くすることも

子どものちょっとした癖・習慣などは、大人になってからの歯並びにまで影響してしまうことがあります。

例えば、指しゃぶり、爪を噛む、唇を噛む、身の回りのものを口に入れる、舌の癖などです。この中で一番多いのが、指しゃぶりと舌の癖です。歯と歯の間に挟まる指や舌などが矯正力として働き、出っ歯(上顎前突)になったり、口が開いた状態(開咬)になり、歯並びや顎(アゴ)の発育に影響を与えます。

当院では、このような歯並びや顎の発育に影響を与える癖・習慣なども改善させるご提案をさせて頂いております。また、下記のような症状がある場合は「歯並びの異常を知らせるサイン」ですので、一度ご相談いただきたいと思います。

  • 乳歯と乳歯の間に隙間がない
  • 話し方がおかしい・活舌が悪い
  • 口での呼吸が多い
  • 顔の左右のバランスが悪い

子供は、自分から「歯並びやかみ合わせがおかしいので治したい」と思う意思がありません。お子さんの将来を見据え、10年後に「ありがとう」といってもらえる選択をしてあげることはご両親がしてあげられる最大のプレゼントではないでしょうか。

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土 9:00〜16:00
【休診日】 木・日・祝日 ※祝日のある木曜は診療