うえはら歯科ブログ

なぜ歯槽膿漏は危険なのか

2018年6月20日 (水)

呉市の歯医者のうえはら歯科です。歯周病などに代表される歯茎の病気はお口の中のトラブルと思われがちですが、時にもっとひどい症状を引き起こすことがあります。実は、全身の様々な場所に影響を与える可能性があるので、しっかりと治療を進める必要があります。歯槽膿漏や歯周炎などの歯周病と呼ばれる疾患は多くの方にとってありふれた病気かもしれません。しかし、放置していると非常に厄介な病気を招いてしまうので、注意して対応しなければならない疾患なのです。多くの患者さんが呉市でも歯周病や歯槽膿漏にかかっています。しっかりと危険性を理解しておきましょう。

 

歯槽膿漏は歯周病の症状が特にひどくなった病気で、炎症が起こったところから細菌が作り出した毒素や、炎症が原因でできた悪い成分が全身の血液に入り込んでしまうことがあります。糖尿病の悪化や全身の慢性炎症の悪化などの全身疾患の症状の悪化が起こることがわ科学的に知られているのです。

 

このほかにも、細菌が血液内に入り込み人体に悪影響を及ぼす場合があります。心臓の弁にイボのようなコブを作ってしまう細菌性心内膜炎やそれにともなう心臓弁膜症など非常に厄介な病気が歯周病の原因菌で起こることがあります。心臓の弁にイボができてしまうと血栓の原因になったり、心臓の弁の動きが悪くなってしまうことがあるので、お口の状態の悪化を防ぐためにも、全身の病気の改善・予防のためにも適切な治療を行うことが重要なのです。

 

呉市にお住いで、お口の状態に不安がある方は是非一度当院へお越しください。しっかりとした治療を提供いたいします。

カテゴリー:

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土 9:00〜16:00
【休診日】 木・日・祝日 ※祝日のある木曜は診療

お問い合わせはこちら
WEB予約はこちら