うえはら歯科ブログ

歯が抜けた時の治療法

2019年1月9日 (水)

転んでしまって歯が折れてしまったり、事故や虫歯、歯周病などで歯が抜けてしまう方がいます。

前歯などでしたらどうしても目立つので、すぐ歯医者さんにいってなんとかしなきゃ

と、思う人も多いのですが奥歯や目立たない場所で歯が抜けてしまったっ場合、そのまま放ってしまう方もいます。

 

今回は、歯が抜けてしまった時の、

放っておいた場合のデメリットと、その治療法をお話しします。

 


抜けてしまった歯は大切に

 

 

歯に強い力がかかって歯が根元から折れてしまったり、歯周病や虫歯がすすんでいて、ぐらぐらしていた歯がついに抜けてしまった時、その歯を大切に持って、すぐ歯医者さんにきてください。

 

自分で接着剤などで付ける人もいますが、絶対にいけません。

抜けた歯は、治療に必要な場合があるので、大切に保管して歯医者さんへ渡すことがまず大事です。

 


 

歯が抜けたまま放置しておくことのリスク

 

歯が抜けた状態を長期間そのままにしておくと、その横の歯が抜けたところに向かって傾いてきます。

歯は隙間に向かって傾くので1本の空間でも歯の全体の隙間が広がってきてしまいます。

そうなると、噛み合わせも見た目の歯並びもわるくなって、そのうちに虫歯や歯周病になってしまうこともあります。

 

また、抜けたままの状態にしておくと身体のバランスもくずれてしまって、肩こりや

頭痛を引きおこすこともあります。

 

抜けた部分は、すぐに治療を行うのがベストなのです。

 


 

歯が抜けた場合の3つの治療法

 

歯が抜けてしまった場所への治療法は3つあります。

 

1.ブリッジ

抜けた歯が1本、2本と少ない場合に有効なのは、ブリッジという治療法です。

5本以上の場合も有効ですが、対応できない場合も出てきます。

 

ブリッジ治療は、抜けた歯の両横の歯を削って、人口の歯を入れます。

手術もなく手軽で安価ですが、健康な歯を削ってしまうので、負担がかかります。

ブリッジと歯肉の間に細菌もたまりやすいので、虫歯や歯周病の原因になることもあるのでその後のケアに気を付ける必要があります。

 

 

2.入れ歯

取り外しができる人口歯をいれるのは、入れ歯です。

一昔前は、みんな高齢になると歯がなくなってしまって入れ歯をいれる人が多かったです。

入れ歯は保険がきくこともありますが、自費で治療するときは人口歯の材質を選べることもできます。

金属のバネが一切見えない、見た目にも非常に良い種類のものもあります。

 

噛む力は自分の歯よりも弱くなってしまうという特徴があります。

また、取り外しができるので、毎日の手入れが必要です。

 

 

 

3.インプラント

 

今までと同じようにちゃんと噛みたい、噛み合わせも変えたくないと思う人には、インプラント治療がおすすめです。

歯だけでなく、人口の歯根を埋め込むので外科の治療となります。

 

自費なので、金額も高額になります。が、見た目も自然でしっかり固定されているので、今までと同じように、自分の歯のように使えます。

費用はかかりますが、他の歯への負担がない唯一の治療です。

将来的に歯をできるだけ多く残したい、という方にはインプラント治療が良いでしょう。

 


まとめ

 

歯が一本でも抜けてしまったら、まずはすぐに歯医者にいきましょう。

そして自分に一番適した治療法で、新しい歯で豊かな生活を始めましょう。

 

うえはら歯科では、すべての欠損治療に対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

カテゴリー:

Contact お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0823-34-4884

お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

うえはら歯科医院
〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL 0823-34-4884

月火水金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土 9:00〜16:00
【休診日】 木・日・祝日 ※祝日のある木曜は診療

お問い合わせはこちら
WEB予約はこちら