「噛める」入れ歯・義歯|うえはら歯科|広島県呉市焼山の歯医者。駐車場完備

駐車場完備

休診日 日・祝 診療時間 9:00~18:00

 

0120-34-4886 0823-34-4884

Denture / 入れ歯

入れ歯の「不都合」は「仕方のないもの」と諦めていませんか?それは誤った考え方です。原理原則にのっとった制作をすれば、咬めて・見た目も良い入れ歯を作ることはそれほど難しいことではありません。多くの患者様に「噛める」入れ歯を提供したいという想いから、様々な入れ歯をご用意しております。

+うえはら歯科の入れ歯が、患者様に支持される3つの「理由」

入れ歯で苦労されている方は多いのではないでしょうか?

 

しっかり噛めない入れ歯で生活している方は、「認知症の発症率」が数倍に上るというデータもあります。「しっかり噛む」という行為が新鮮な血液を循環させるポンプの役割を果たしていますので、しっかり噛めないと、新鮮な血液を脳におくることができず、認知症の発症率に影響すると言われています。

 

また、高齢者にとって「食事」は大きな楽しみの一つです。

これも入れ歯がしっかり機能してくれなければ楽しむことはできません。

 

「入れ歯はこのようなものだ・・・・」と諦めている方もいらっしゃいますが、原理原則に則り、しっかり時間をかけて入れ歯制作を行うことで、「噛める」、そして「見た目が良い」入れ歯を作ることはそれほど難しいことではありません。

 

当院の入れ歯が患者様から評価される理由を、患者様から頂いた声を参考にご紹介いたします。

 

 

選ばれる理由1.患者様のニーズに合わせた「多種類」の入れ歯をご用意

「見た目が気になる」「痛いのが我慢できない」「はずれてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。

その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、昔から存在している入れ歯だけでは不十分です。保険の入れ歯は技術的にも材料的にも50年以上から全然進歩しておりませんので・・・。

 

このようなことから、当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

 

20代~30代の方にも好まれる金属のバネがない「審美」入れ歯

審美性が非常に高く、「自分の歯のように噛める」最新式入れ歯

「痛みから解放」されるシリコン義歯

「歴史と安定性」がある入れ歯

 

20代~30代の方からも好まれる「審美」入れ歯

ノンクラスプ

金属のバネが見えるのが嫌な方、もっとぴったりと

密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が壊れて

困っている方等にお勧めしているのが

右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)、ノンクラスプ

デンチャーです。

 

金属バネ部分を、歯ぐきに近い色の樹脂で作ることで

目立たなくしています。若くして入れ歯になってしまった

20~30代の患者様から「見た目」で高い評価を受けてい

ます。

ビフォアー アフター

 

 

審美性が非常に高く、自分の歯のようにしっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯が最終的にはダメになってしまっていました。

 

しかし、入れ歯は進化しています。

現在では、磁石やアタッチメント装置を利用し、「見た目よし」「安定性よし」「健康な歯を傷めない」「まるで自分の歯のように噛める」入れ歯を作ることが可能になっています。

 

磁性アタッチメント義歯

■磁性アタッチメント義歯

磁石の力を利用して入れ歯を固定させます。

金属のバネを使いませんので審美性が高く、

磁石で固定させているので、簡単に取り外し

ができ清掃も簡単です。そして食事中は動かず

外れません。磁力は半永久的に機能しますので、

取り換えなどの必要もありません。

 

「痛みから解放」されるシリコン義歯

シリコン義歯

「生体用シリコン」という特殊な弾性のあるゴム質

の素材を、入れ歯の内側に貼ることで痛みをなく

します。「無痛」入れ歯と呼ぶことができるぐらい

痛みはでません。

 

顎がやせてしまってまっ平らになっていたり、今まで

あちこちの歯科医院で何回作っても、いつも痛みが

なかなかとれず満足できなかった方にお勧めです。

これを活用することで、入れ歯がより一層密着する

ようになり、はずれにくく、噛む力が倍になると

いわれています。

 

「歴史」と「安定性」がある入れ歯

チタン、コバルトクロム素材を用いた入れ歯です。

この素材の一番の長所は、保険適用の入れ歯と比べて「薄く」できることと「壊れにくい」ことです。また、これまでご紹介してきた様々な入れ歯と組み合わせることで、更によい入れ歯が作りだせることも特徴的です。

 

 

 

選ばれる理由2.一つ一つの工程を省略することなく、基本に忠実

入れ歯をされている方から「痛い」「噛めない」「外れる」という相談をよく受けます。

このお悩みは「1つ1つの工程を省略することなく基本に忠実に入れ歯を作る」ことで解消されます。工程の中で特に大切なのが「噛み合わせ」。当院で行っている咬み合わせ調整をご紹介いたします。

 

■オクルーザーの活用

オクルーザー

 

噛む力というものは目に見えませんが、この機器を利用することで咬合力、咬合力表示面積、バランスなどが客観的に把握することが可能になります。

 

ゴシックアーチ

■ゴシックアーチ法-総入れ歯で活用

ゴシックアーチの目的は「噛み合せの水平的な位置」

を決めることです。

下あごは前後、左右、上下に動きます。この前後、

左右、上下のちょうどよい位置を決めて入れ歯を

作ることで痛くなくはずれない違和感の少ない入れ歯

を作ることが可能となります。

 

歯科医院にて、「ハイ噛んで下さい」と言われたことがあると思います。

総入れ歯や、歯がたくさんなくなってしまった方は「噛んで下さい」といわれても、どこで噛んだらいいか分からず適当な位置で噛んでいたのではないでしょうか

 

一般的な入れ歯作りでは、その適当に噛んだ位置をもとに入れ歯を作っていくので、痛かったりはずれたりする入れ歯になる可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、ゴッシクアーチの手法を使う事で、適切な噛み合わせの位置を把握することができるようになるので、このような問題は生じなくなります。

 

■オルダードキャスト法-部分入れ歯で活用

院長

通常、部分入れ歯を作成する際、「歯がある部分」

「歯がない部分」関係なく、まとめて型取りを行い

ます。そうするとどのような入れ歯が出来上がると

思いますか?

 

歯がない部分の歯茎は軟らかいため、噛むという行為に

よって沈み込みます。

つまり、この沈み込みを考慮に入れていない入れ歯が

出来上がりますので、どうしても合わない入れ歯が

出来上がります。

 

当院で実施しているオルタードキャスト法は「歯がある部分」と「歯がなくなった歯ぐきの部分」両方を別々に型取りしますので、沈み込みも計算に入れた入れ歯が出来上がり、お口にフィットする入れ歯が出来上がります。

 

 

選ばれる理由3.入れ歯作りのプロフェッショナル-歯科技工士

技工士

入れ歯は歯科医師だけで作成するものではなく、

「歯科技工士」と呼ばれる方と共同で作っていきます。

つまり、良い入れ歯を作るには、歯科医師の腕が良く

てもダメで、歯科技工士だけの腕が良くてもダメです。

歯科医師そして歯科技工士がともに高いレベルに合って

初めて「良い入れ歯」が出来上がります。

 

当院では非常に優秀な歯科技工所と連携し入れ歯を

作っています。非常に緻密で計算された入れ歯作りを

得意としています。

 

 

 

+「個別相談」のご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

無料相談

インターネット予約

〒737-0935 広島県呉市焼山中央2-4-8

0120-34-4886

0823-34-4884

※土曜日の午後診療は14:00〜16:00。

 

 

+患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

 

 

症例集

症例はこちらをご参照ください。

症例集

 

 

+料金体系

料金体系は料金表をご参照ください。