インプラント治療を失敗しないために「埋入後のアフターフォローの必要性」|広島県呉市の歯医者

2017-03-24

インプラント治療はしっかりとした診査診断、術者の知識・経験値、そして適切な設備下での治療であれば危険なものではありません。しかし、それは「インプラントを埋め込む」という作業においてです。

インプラントを埋め込んで終了ではありません。
今度は、そのインプラントを障害持たせるためのメンテナンスが重要となります。

インプラントをする歯科医院を選択する際、「インプラントを埋め込む」ことだけに焦点を当てがちですが、それだけではよろしくありません。

中にはインプラント後のアフターフォローは対応しない、もしくは杜撰な対応になる医院もあると噂を聞きますので。そのため、選択基準の1つとして「インプラントを埋め込んだ後」のフォローはどのようなものなのかをしっかり確認する必用があります。

当院のフォロー体制をご紹介します。

メンテナンス

何十年も健康な状態を維持させるメンテナンスシステム

治療後、インプラントを長持ちさせるために一番大切なことは「術後のメンテナンス」です。特に、インプラント周囲炎という病気に注意を払わなければなりません。

インプラント周囲炎は、歯周病と同じく、歯周病原性細菌によって起こる病気です。症状は歯周病と類似していますが、見た目の炎症や腫れがあまりないにもかかわらず、病気の進行速度が天然歯に比べ10~20倍と非常に速いことが特徴です。

グラグラ

 

当院では科学的根拠に基いた当院オリジナルのメンテナンスシステムを構築しております。

具体的には、「唾液検査」「DNA検査」などを行い、その結果からあなたオリジナルのメンテナンスプログラムの作成、予防処置効果の検証など、あなたの歯を守るための一歩進んだ歯科治療を実施します。

 

メンテナンスプログラム

 

 


カテゴリー インプラント