インプラント多数歯欠損の治療例|広島市・呉市・焼山中央の歯医者・歯科

2016-06-02

術前 1
入れ歯(義歯)を装着した状態です。上の歯のほとんどが抜け落ちています。普段は入れ歯を入れておられますが、噛み難い・入れ歯がずれるなどの不都合が生じたため、インプラント治療を行うことになりました。
case4-1

 

術前 2
入れ歯(義歯)をはずした状態です。上の歯は、2・3本しか残っていません。長いこと入れ歯が歯肉を圧迫していたため、歯肉がやせています。

case4-2 case4-3 

 

術後
インプラント治療にて前後の歯に負担をかけることなく、自然な治療が可能です。

インプラント本体を装着
case4-4

アバットメント
case4-5

冠のブリッジを装着すれば完了です
case4-6

インプラント治療後は、天然の歯と全く変わらない仕上がりです。 口を大きく開けても、インプラント治療をしていることが他の人に気づかれることはありません。
固定性なので、取り外しての清掃が必要ありません。


カテゴリー インプラント